食べ物や飲み物に混ぜるだけで、カロリーをなかったことにする魔法のパウダー。


早いものでカレンダーも今月を入れてあと2枚で終わりです。

先日、紀文の低糖質おせちをご紹介したところ、かなりのアクセスをいただいてありがとうございます!筆者はすでにこちらは予約済みです!!!

そして、ロカボニストとしては嬉しくもあり恐怖でもあるのが、これから始まる年末年始の忘年会や新年会です。

目の前に高糖質・ハイカロリーの料理を並べられて我慢をするのもロカボニストとしての作法ではありますが、絶対に手が出ます。確実に手を出します。

デブだったのですから、手を出すのが早いと思います。

しかし、そんなことをしたら今までの努力や生活習慣の改善が一瞬で水の泡になります。そこで今回は、これからの季節の中で「美味しいけど実は低糖質な食材・料理」で年末年始の宴を乗り切ろうと思い、調べてみました!

1.蟹(カニ)



e784ff68286260fd63245704c094f8bf_t


カニを食べると会話が止まるという話は良く聞きますが、それだけ夢中にしゃぶりつく冬の美味しい食べ物ですが、カニはかなりの低糖質です。カニは色々な種類が存在しますが、全ての種類も全て低糖質になっています。

<蟹の糖質(全て100gあたり)>

タラバガニ(生) 0.2g

ズワイガニ(生) 0.1g

毛がに(生) 0.2g

タラバガニ(水煮缶) 0.1g

ズワイガニ(水煮缶) 0.2g

なんと、全て1g以下!蟹しゃぶを食べに行っても満腹になるまで食べてもほぼ問題なし!です。そして、お歳暮でカニ缶をいただいても躊躇せずに食べてもいいということになりますね。

魚介類全般は糖質が低いので当然と言えば当然ですが、蟹は結構甘みがあるのでもう少し高めかなと思ったらそうではありませんでした。年末年始の集まりは「カニパ」で集まりなのに全員無言で食べるというのもシュールな集まりになって素敵です!

カニの通販ならシーフード本舗で!


2.白菜



9V9A5909_TP_V


寒い季節は鍋!会社に一人はいる鍋奉行!片思いの相手に家庭的なところを見せたくて鍋担当!など、年末年始は様々な人間模様が鍋を囲めば出てまいります。

糖質制限は肉類は脂身さえ除けば低糖質だし、筋トレや運動をしている場合は積極的に食べた方がいい食材として知られていますので、冬の鍋の主役でもあります。その鍋の脇役で最も重要なのが、野菜類の中でも「白菜」の存在を忘れてはいけません。

冬の野菜は割と糖質が高めなものが多いのですが、白菜は低糖質として知られています!

白菜の糖質:100gあたり2g

これは大人数の「鍋パ」であればみんなで鍋をつつくのでもっと低い糖質摂取になる可能性が高く、そして一人鍋で白菜をガンガン使っても糖質が低いからきっと寂しくありません。

ただ、白菜は栄養価がそんなにないと言われているので、「白菜と豆腐で低カロリー」よりも、がっつり肉類と一緒に摂取して食べるようにした方が良さそうです。

この季節限定のらでぃっしゅぼーやのおためしセットを見てみる


3.春菊



7995f289c9f29e90a51d28fb40261f72_t


すき焼き鍋に欠かせない春菊は、冬の旬のお野菜です。味や香りが苦手な方も多いかもしれませんが、生卵をつけた牛肉と一緒に頬張ると、口に広がる肉汁と春菊の風味がなんとも言えません・・・!!!

春菊はもちろん栄養価も高く、「カルシウム」「βカロチン」「ビタミンC」「鉄分」が特に豊富で、ダイエット中や糖質制限中に摂取したい食材のうちの一つでもあり、その上糖質もかなり低い冬のお野菜なのです!!!

春菊の糖質・・・100gあたり0.7g

糖質も低くて栄養価も高いという素晴らしい食材です!冬は免疫力が弱いと風邪をひきやすかったり、インフルエンザにかかったりしますが、予防のためにも食べたいものです!忘年会にすき焼きってどこのホワイト企業だと思ってしまいますが、部長に「忘年会はすき焼き」と、可愛くおねだりして提案してみましょう!

日本中を健康に導く【グラスフェッドビーフ】で糖質制限しながらすき焼きを食べたい方はこちら!


4.いくら



9b7b89cbc5eee9dea3f98ca71facdc7d_t


筆者の大好物であるいくらも糖質が低く、そして冬が旬の食材です!寿司、海鮮丼などに多用されますが、糖質制限中なのでご飯を食べることができませんが、いくらそのものが好きなので、そのまま食らいついてプチプチ感を堪能して幸せになりたいと思っています。

いくらの糖質量(100gあたり):0.2g

もっと高いと思っていました!しかし、すでに醤油漬けとして販売しているものは糖質が高くなりがちなので、そこは気をつけましょう。自作で醤油漬けを作ってお正月のおせちとして出してもいいかもしれないし、お正月の料理に飽きた時は大豆麺などでパスタにしても良しですね。

ロカボニストからも大絶賛!美味しい大豆麺『ソイドル』でいくらパスタを作ってみよう!


5.明太子



31f7ab136e96f5d596cbe91a7b8099ae_t


またまた「ご飯のお供」の食材になってしまいましたが、明太子は12月が一番旬な食材で、低糖質担っています!

いくらのように大豆麺を使用したパスタでもいいし、明太子を生おからと和えてポテトサラダ風にするのもよし、生おからグラタンや生おからのお好み焼きなどなど、色々使えます。

明太子の糖質:100gあたり3g

100gで3gの糖質ということは、大豆麺に明太子をふんだんに使用しても大丈夫だし、おからサラダにたくさん入れても大丈夫そうですね!お歳暮に明太子が届かないかなという淡い期待をしてみたいと思います。

博多から直送してくれるかねふく辛子明太子&大人気の明太子マヨネーズを購入したい方はこちら!


これからの季節〜年末年始の美味しい誘惑があっても低糖質食材を選べば大丈夫!



これを書いているのが就寝前なのですが、お腹が空いてきてしまうのでここらで調べるのをやめたいと思います。

これからは仕事よりも宴会やパーティーなどの集まりの方が忙しくなる方が多いと思いますし、どうしてもこれからの時期は糖質が高い食べ物ばかりが販売されていたりするので、ロカボニストとしては厳しい時期でもあります。

でも、選んで食べればいいだけだったり、実は美味しい食材が低糖質だったりするので、筆者は誘惑に負けずに、減量納めをし、その上で減量始めな年末年始を迎えたいと思います!

痩せたら着たい・韓国アイドル着用商品【COLLABONATION(コラボネーション)】(





卯の花子Twitter↓


アラフォー女のダイエットを応援してくださる方は↓をクリックお願いいたします!
にほんブログ村 ダイエットブログ 30代女性のダイエットへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村