ダイエット中はどうしても食事制限が必須になりますが、続けていると貧血になってふらふらしてしまいます。筆者は特に生理前〜生理中〜生理後はかなり貧血気味に。

これでは良くないので、鉄分補給をする時はピーマンをがっつり食べます。今回は簡単にできるピーマン料理のご紹介です。

お酒のおつまみにも!ピーマンと鯖缶水煮のマヨ和え



aLl6WREB1wz0S7s1538355782_1538355826


食事のあともう一品という時にすぐできるし、そして何よりも糖質制限中&ダイエット中の方の栄養補給にもぴったりなおかずです。

材料(2人分)



ピーマン 2個

鯖の水煮缶 1缶

お酢 大さじ1

マヨネーズ 大さじ2

黒こしょう 適量

七味唐辛子 適量

作り方



1.ピーマンを食べやすいサイズに切り、熱湯でさっと湯通しする

2.鯖缶の水煮の水を捨て、ボウルに入れてほぐす

3.2の中に湯通ししたピーマンを入れる

4.3の中にお酢、マヨネーズを入れて混ぜ、黒こしょうを振りかける

5.全体的に混ざったらお皿に盛り付け、七味唐辛子をお好みでかけて出来上がり

すぐできてすぐ食べられる簡単なレシピになっています。

このレシピのポイント



1.ピーマンは生でも食べられる野菜ですが、熱を通すことで栄養価が高まるので、シャキっと感を残す程度にさっと湯通しすると良いです

2.ダイエット食材としておなじみの鯖缶水煮ですが、鯖缶が苦手な方はツナ缶で代用してもOK

アラフォー女、ピーマンと鯖缶水煮のマヨ和えを実食



冒頭で「お酒のおつまみに・・・」と書きましたが、筆者は根っからの下戸ですので、普通に夕食のおかずとして食べてみました。

ほんのりピーマンの苦味とシャキシャキした食感がたまらんです。

また、筆者は鯖缶は好きな方ですが、今回は100円ショップで購入した安い鯖缶を使用したのですが、単体だと正直ボソボソしていてあまり美味しく感じないのですが、こうやって他のものと和えることで美味しくいただけるので、和え物には安い鯖缶で問題ないかなと感じました。

筆者は七味唐辛子をふりかけて食べていますが、筆者の家族は「食べるラー油」を乗せて食べることが好きな様子。美味しそう・・・でも脂質・・・。

子供の頃は嫌いだったピーマンの苦味が大人になると好きになった



ピーマンは「子供が大嫌いな野菜」の上位に常にランクインしているほど悪者扱いをされている気がします。筆者が小さい頃もピーマンは最大の敵だと思うほど嫌いで、なんでこんな苦いものがこの世に存在するんだと思っていました。

そんな子供に嫌われすぎているピーマンのイメージアップのために、ピーマンに関する子供用の絵本がたくさん出版されていた記憶があります。

大人になった今、ピーマンの苦味とシャキッとした食感をなぜか急に食べたくなるのは、もしかしたら苦いビールを大人になると求めたくなるのと同じなのでしょうか!?(意味がわからない)

とにかく、簡単でとっても美味しいこちらのマヨ和え、お試しあれ。




卯の花子Twitter↓


アラフォー女のダイエットを応援してくださる方は↓をクリックお願いいたします!
にほんブログ村 ダイエットブログ 30代女性のダイエットへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村