gahag-0082206443-1


ダイエット中や糖質制限中でもお酒が飲みたい時やお酒の席に誘われることがあると思いますよね。「絶対にお酒は飲まない」という決め方をしてしまうと、お酒好きな人はストレスが溜まってしまうことがあります。

今回はダイエット中や糖質制限中のお酒のお供にぴったりなお酒に合うおつまみをご紹介します。参考にしてみてください。

おすすめその1・ビーフジャーキー

2016-09-free-photo20-beef-jerky


まず1つ目のおすすめが、ビーフジャーキーです。お酒のおつまみとして有名ですが、タンパク質が豊富な上に糖質も低く、お酒のおつまみとして口に入れても罪悪感なしです。

ここ最近、ビーフジャーキーは健康食と言われており、筋トレやスポーツをしている人の中で簡単にタンパク質を摂取できるアイテムとして人気があるそうです。ちなみに、100gあたりのカロリーは315kcal、タンパク質は55g、炭水化物は6g、脂質は8gと、糖質制限中にはぴったりなお酒のおつまみです。

また、タンパク質の他にも 鉄分やマグネシウムなども豊富に入っており、牛肉が元々持っている栄養素がぎゅっと詰まっています。



おすすめその2・チーズ類



7bcda9562d38e63a547666c408dc2ae5_s


2つ目におすすめなのが、「チーズ類」です。「チーズはカロリーが高いから避けなければ」と思われがちですが、実は低糖質の食材のため、「MEC食」を試している方は必ずチーズを食べます。

チーズにはタンパク質も豊富で、アミノ酸スコアが100点満点中90点のハイスコアを持ちます。

種類によってカロリーや脂質はそれぞれですが、糖質は1.0以下のものがほとんどになります。ですが脂質が高いため食べ過ぎには注意です。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

訳ありチーズシリーズ 【送料無料】
価格:1800円(税込、送料無料) (2018/9/21時点)

楽天で購入



おすすめその3・鳥の唐揚げ



「ダイエット中に唐揚げ!?」と思われがちですが、糖質制限ダイエットでは肉類を食べることが推奨されています。そのため、唐揚げもOKなのです。

ただ、食べ過ぎてしまったり、ご飯や麺類などの糖質が高い食品と一緒に食べるのは禁止ですが、唐揚げの普通サイズ4個ぐらいまではおつまみとして食べても大丈夫。

そして食べる時にレモンを絞ってクエン酸も一緒に摂取するのも良いでしょう。ちなみにレモンの糖質は100gあたり7.6gと、果物の中では低糖質になってますので、唐揚げの上に絞ってもそんなに罪悪感はありません。



低糖質のおつまみを選べばダイエット中でも大丈夫!



adpDSC_5789-750x499

今回はお酒のお供のおつまみの中でも食べても大丈夫な低糖質のおつまみをご紹介しました。どんなもので食べ過ぎてしまうのは良くないですが、逆に我慢をし過ぎてしまうのも暴飲暴食やリバウンドの元になります。

社会人はダイエット中や糖質制限中でもお酒のお誘いを断固として断ることもできません。そんな時は低糖質のおつまみを選ぶようにして乗り切りましょう。

アラフォー女のダイエットを応援してくださる方は↓をクリックお願いいたします!
にほんブログ村 ダイエットブログ 30代女性のダイエットへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村